トップ | 職人日記 | 2011年05月

職人日記

まだあるんですね!?

2008年の夏、プラチナ地金相場が1gあたり7,000円を超えてました。

凄かったですねぇ!?

そこからです・・・・。

この業界とは関係ない他業種の買取店が増えてきたのは・・・。

 

徐々に地金相場の落ち着きとともに淘汰されたようですが、最近になってまた上がりだしたからなのか、増えてきたような気がします。訪問してくる強引な業者もいるようですので、皆様お気をつけくださいませ。

 

買取チラシでも大きな文字で「○○○○円で買取!」などどいう驚くような高い価格表示・・・。

でもよぉく見ると小さな文字で、「純金1kg以上」とか「500g以上の場合」と書いてあります。

 

インゴットとかバーを持ち込まないとそんな目方にはならないですよねぇ?当店でも50gもいかない位が平均です。シンプルな甲丸リングで大体4gくらいですので、500gという数字がいかにスゴイかおわかりになると思います。

 

右の指輪がプラチナだとしても大体4gくらいです。18金で3gくらいですね。

500gと言ったらコレが125本も必要ですねぇ・・・。

そんなに使わないジュエリーをお持ちの方はそうはいらっしゃいません。

koumaru.jpg

 

紛らわしい表現の広告にも充分ご注意ください。

 

ジュエリークラフトヨシダでは、1gに満たないピアスでも20gの指輪でも1gあたりの金額は変わりません。当日の相場から計算して、お見積もりさせていただきます。

 

古物商の許可証は誰でも取得することはできます。

でも金やプラチナ、ダイヤなどの真贋判定や価格査定は、2・3日で取得できません。

 

宝飾品の買取業務には、経験や知識が不可欠です。

それこそ贋物を買い取ってしまったら損をするのは我々ですので必死です。 毎日が勉強です。次から次と出てくる贋物地金情報を仕入れています。簡単に他の業界の方が進出することは難しい深い業務なのです。

 

「なんでも買い取ります!」というお店、

 スーパーなどに出店しているお店、

 チェーン展開しているお店、

などは、安く買取らなくては商売としてやっていけない事情があります。スタッフの力量、人件費、場所代など考えると仕方ないことかもしれません。

 

宝飾品の売却をお考えの方は充分にご注意くださいませ。


jewelrycraftcojp | 2011.05.27 | PermaLink | トラックバック(0)

今、できること!

震災から早くも3ヶ月が経とうとしています。被災地では復興に向けて動き出しています。

 

そんな中、ジュエリー業界の我々には何ができるのでしょう?

芸能人など著名人であれば、被災地訪問をして元気づけられる。

曲を作って売上を被災地に、という活動もそうですね。

美容師さん達が避難場所を巡って、散髪。

古着屋さんが自分の在庫を持って、被災地巡り。

 

他にもいろいろあるのでしょうが、いろんな業界の人が頑張ってます。

同じような活動として職人がパッと思いつくのが、お持ちのジュエリーを新品仕上げして笑顔になってもらう。でも、全員が持っているわけじゃない・・・。流されてしまった人も多いだろう・・・。

やるとしたら、5年後か?10年後?すべてのことが落ち着いてからになるだろう・・・。

では今ジュエリー職人は一体何ができるのでしょう?

 

義援金は会社・個人で送金しました。

でもそんなことは大きな会社がいくらでもやっています。

義援金セールなども多く見受けられます。

(なんだか被災地をエサにしている雰囲気があって疑問を感じますが・・・。)

 

もうそんな時期は過ぎたのではないでしょうか。

そろそろ日本全体で考えることが必要ではないでしょうか。

 

だいぶ「自粛は経済に悪影響」が浸透して、ゴールデンウィークも賑わった観光地もあったようです。

被災地以外は明るく元気にすることが日本全体の下支えになる、という意識が強くなったんですね。

 

要するにコレだと思います。

お金を流通させることが復興へのイチバンの近道だと思います。

 

消費をすることで、お店が国に払う税金が増え、そのお店の仕入れ先も税金が増え、関連企業のすべてが税金が増えて、復興のための財源が増えていく。ちょっと乱暴な話しですがそういうことだと思います。

もちろん景気の底上げにもなります。

 

現在、そのための企画を練っているところです。

お客様には義援金セールとあまり違いはないのかもしれませんが・・・・。

 

生活する上で一番必要ないと言われるジュエリーが世の中にあふれたとき、始めて復興が完成されたことになるのだと思います。そのときを願いながらジュエリークラフトヨシダは動き出します!一番必要ない物ジュエリーを創っていきます。


jewelrycraftcojp | 2011.05.21 | PermaLink | トラックバック(0)

親子でダイヤリングのリフォーム

熊谷市内よりホームページをご覧になってお越しいただいたH様親子。

 

二人でダイヤリングのリフォームです。

お預かりした指輪は

こちらがお母様。当時流行のそびえたつデザイン。

ダイヤはキレイに見えますが、使いづらいんですよねぇ・・・?


んで、こちらが娘様のダイヤリング。進化した腰が低めの立爪です。

シンプルなのでダイヤをキレイに見せてくれますが、ちょっと寂しいかな?作りも繊細な感じ・・・。



 

この2つをリフォームしたのですが、スイマセン!

お母様の指輪は写真撮れませんでした・・・・。

それというのも「母の日のプレゼントしたい!」という娘様のご要望で、超特急で仕上げて納品しちゃったからです。ゴールデンウィークがあるので、その前になんとかしないと・・・・・。

 

時間との戦い・・・・。

でも雑には作れない・・・・。

実質与えられた時間は1週間・・・・・。

間に合うか・・・・?

 

間に合いました!なんとかなるものですねぇ・・・・。

続いて娘様の指輪。こちらは時間にある程度余裕があります。

出来上がった指輪がこちら。



どうです?華やかにバージョンアップ!

さり気ないゴージャス感とプラチナの重みを味わえるデザイン!しかも場所とお洋服を選ばないので、いつでもどこでも活躍してくれます。

 

他店では、通常ご注文いただいてから1ヶ月以上かかるリフォーム。

もちろん私どもも通常そのくらいいただいております。

が、しかし!

「なんとかしろ!」と言われたら最大限なんとかする努力をいたします。

職人に直接注文できる当店ならではのサービスですね!

 

結婚指輪もシンプルなものでしたら、地金さえあれば朝ご注文いただいても夜には納品できます。

あ、あと他の急ぎの仕事が無ければ・・・・。

 

なんとか し続けてきたジュエリー職人は熊谷にいます!

 


jewelrycraftcojp | 2011.05.19 | PermaLink | トラックバック(0)

ベビーリングの製作

ご注文いただいたI様のお母様の3連リングから2つのベビーリングを作りました!

3連リングといえばカル○ィエ!

流行りましたねぇ! ホワイトとピンクとイエローのゴールドの3種類のリングが絡み合っているようなデザインです。アレがモトになっていろんなデザインに変化して、いまだに人気があるのですから、凄いデザインですよね?

 

今回はそれぞれ誕生石をセッティング!

3月と6月。

3月はアクアマリンとサンゴ。

6月はパールとムーンストーン。

 

ん~悩みますね。

アクアマリンとパールがメジャーだけど、デザインが多少変わってしまう・・・。

アクアマリンとムーンストーンだとファセットカットとカボッションカット・・・、雰囲気が違う・・・。

サンゴとムーンストーンも同様ですねぇ・・・。

 

ここはサンゴとパールでお揃いデザインで製作決定!

仕上がりはコチラ!

ん?小さい?仕方ないんです・・・ベビーですからっ!

アップだと・・・・


こんな感じ。ベビーパールとベビーサンゴです。

溶かした18金を板状にして、小さく小さく丸めて、パールとサンゴを留める場所をフィットするように丸く磨って、針金を立てます。そこに穴を開けたパールとサンゴを入れて接着です。

 可愛いでしょ?宝石の両サイドには子供の名前と誕生日をレーザーで彫りました。

「元気に、幸せに育つように」の願いを込めたお守りの完成ですっ!

 

華奢なデザインが多いベビーリングですが、職人が手作りするとこうなります。

しっかり作ってもそこはベビーリング。重量はそれほどでもありません。

しかもご要望のデザインで作れちゃいます!

ハワイアンっぽくても良いし、ダイヤを側面に一周入れても格好良いですよね!

お母様のペンダントにステキですよ。

 

ベビーリングを磨くときにバフで自分の爪まで磨いてしまったジュエリー職人は熊谷にいます!

キレイになったけど、薄くなっちゃった・・・・。


jewelrycraftcojp | 2011.05.17 | PermaLink | トラックバック(0)

今度は20金の結婚指輪!

熊谷市内からお越しのK様。

 

お父様の20金印台リングを作り直して、結婚指輪を製作しました!

おぉ?立派な印台リング!20.5gあります!これだけあると、かなりしっかりしたモノが作れますね!

最近ではシルバー製品で人気ありますねぇ。

こういう男のジュエリーはやっぱり良いもんです。イキな感じです!

おそらく鍛造製品です。職人が叩いて叩いて叩いて叩いて仕上げたものですね。

最近では印台リングを作る方法としては少ない製作方法ですが、ジュエリークラフトヨシダでは得意分野です!まさに男らしい指輪です!

 

そういえば、ファミリーマートの「俺の・・・・・」シリーズのスイーツはヤバイっすねぇ!

特にロールケーキ! チョイ苦のココア生地に生クリーム!美味過ぎるっ!

でもカロリーは300キロオーバー・・・・・。

 

スイマセン脱線しました。

そんな印台を一度バーナーで溶かして、叩いて叩いて叩いて作ったのが今回の結婚指輪です。


旦那様は5mm、奥様は4mm、厚みは両方とも2mmあります。

ヘアーライン仕上げでマットな雰囲気が肌に馴染みます。

 

これだけのモノを作ってもまだ地金が余りました。

シンプルな作りですので工賃もさほどかからないし、しかも余った地金は下取りしたので、納品価格がまたビックリ価格!

 

印台リングをお持ちになってたお父様に感謝ですね!

20金の結婚指輪をお持ちになってるお二人なんて、そうはいないですもん! 

 

 

過去に山ほどのピアスキャッチを下取りした経験を持つ結婚指輪のジュエリー職人は熊谷にいます!

下取り・買取り、地金の種類は問いません。壊れていても大丈夫です。私が溶かして作り直しますよ。

もちろんプラチナを下取りして金製品を作るのもOK!逆もOK!ジュエリーに関することならなんでもできます!

 


jewelrycraftcojp | 2011.05.17 | PermaLink | トラックバック(0)

18金の結婚指輪

最近増えてきた18金の結婚指輪!

神奈川県は相模原市よりこのホームページを見て、ご来店いただきましたY様のご注文です。

 

昨年暮れに入籍したものの挙式はまだしていなかったそうです。

そういえば私も11月に入籍して、挙式は2月でした・・・。

最近では、こういったお二人が増えてきてますね。

問題なのは・・・・指輪の内側に彫る日付とお互いのイニシャル。

「入籍した日」と「挙式した日」のどっちを入れれば良いのでしょう?

絶対に彫らなくちゃいけないものではナイのですが、大体の方は「2011.5.16 ○ to ○」と入れてます。私どもは【想いのある日】をオススメしてます。別に彫らなくても良いんですけどね。ちなみに私はカミサンの名前だけ彫ってあります。

 

話しがそれましたネ。

改めて家族に感謝の気持ちを伝える意味で式を行うことになり、この機会に指輪を作ろう!ってなったそうです。

 

ご要望は

「シンプル」

「自然に指に馴染むもの」

「滑らかな丸みのある形」

「素材は金、または金とプラチナのコンビ」

「関節を通りやすく」

「根元で緩くても見苦しくない」

の6点。

 

フリークライミングが趣味のお二人らしいご要望!

そんなお二人の指輪がコチラ!

ダンナ様は4mmで、奥様は3.5mmの平甲丸リングです。

ご要望通りでしょ?コンビに関しましては、アクティブ系なお二人にはオススメしませんでした。違う素材を繋ぐにはロー付けをするのですが、耐久性が単一のものと比べるとやはり落ちてしまうからです。

 

中文字は日付とイニシャルの他にクライミング業界用語を彫りました。(スイマセン写真撮り忘れました・・・)

「それぞれが歩んできた人生のテッペンで結ばれる」そんな感じですかね?

 

全体をあらかじめ厚く作り、内側も丸くヤスリをかけました。

これで指に通したとき、スルッと?ヌメッと?ヌルッと?入ります。

 

使わない指輪も下取りしたので、しっかり作ったのに驚きの納品価格!

 

クライミングするお二人を想像しながら作ったジュエリー職人は熊谷にいます!

お二人の想いのある言葉を指輪に彫りませんか?

 

私も若い頃にロッククライミングやケイビング、カヌー、沢登り・・・・・温泉・・・・が趣味でした。

でもカミサンはインドア系・・・・。


jewelrycraftcojp | 2011.05.16 | PermaLink | トラックバック(0)